アミテクノのホームページへ   最新更新日 : 2001年3月19日

ヒメダカの飼育


  田口教育研究所から稚魚を送っていただきました
  
  9月19日 はれ
  大きなものは、1cmぐらいになりました。
  しかし、数は1/3に減りました。
  色は、ゴールドメタリックに輝いています。
  10月23日 あめ
  みんな、デジカメに写るようになりましたね。
  動き回るとぼけちゃうよ。
  12月12日 はれ
  メダカの特徴が出てきました。
  おなかがふくらんでいるけど、食べ過ぎではないよ。
  
  (撮影日:2001年3月19日)
  
  1月6日 はれ(だけど北部山沿いは雪が続く。夏が暑かったから冬も寒いんじゃないの?)
  手や顔を近づけて動かすと、逃げるように逆方向に泳ぎます。
  これは、川の流れに逆らってその場にとどまる習性だと思います。
  つまり手や顔が川に流されていると勘違いして、メダカたちは流されまいと上流に向かって泳ぎます。
  コイが背中を上に向けるのは、何を認識しているのでしょうか?
  部屋を暗くして、横から光を当てると背中(背ビレ)がそちらを向くように体が傾きます。
  つまり重力ではなく光に背中を向ける習性だと思います。
  これはスペースシャトルでも実験したそうです。
  では、植物の茎や根が上や下へ延びるのは、光でしょうか重力でしょうか?


近くの小川で釣った魚


  金魚か鯉か?
  
  近くの小川で釣ってきました。
  友人は「釣った魚には餌はやらない」と言っていますが
  私は水槽で飼っています。
  浅い川なので、誰かが放したのか赤い魚が見えていました。
  何度かチャレンジして遂に釣り上げたのです。
  
  (撮影日:2001年2月10日)


  名前は?
  
  散歩で通りがかったおじさんに聞いたら
  赤いからヒゴイだろうということでした。
  しかし、ヒゲがないので私はワキンだと思います。
  こちらは、クチボソというそうです。
  結構引きは強くて、ウキが沈みました。
  釣り上げたときは、自分にもできるという明るい未来が開けます。
  
  (撮影日:2001年2月10日)